契約の流れ

沢山の家

賃貸物件を借りるまでには基本的な流れがあります。最初にするのが条件をまとめる作業です。地域や最寄駅からの距離、家賃、設備などをしっかり決めておくと探しやすくなります。 次にするのが条件に合った賃貸探しです。不動産屋に行って間取り図を見せてもらい、気になった物件があったら何件か現地見学をして下調べをします。見学の結果気に入った物件があったら入居申込みをします。 入居し申込み後に入居審査があります。家賃を支払えるだけの経済力はあるか、連帯保証人は信頼できる人物か、過去に賃貸でトラブルを起こしていないかなどが審査対象となります。そして審査にクリアしたら家主との間で「賃貸借契約」を結び、契約が成立します。

賃貸物件は日本各地にある一人暮らしに最適な住まいです。一人用のワンルームマンションが多く、毎月の決められた家賃の支払いだけで住めるのが魅力です。家賃は入居時に賃貸借契約によって決められていて、毎月支払う金額は同じです。ローンとは違って住んでいる間だけ支払えばいいので気楽です。そして引越しをしたくなったら賃貸契約を解除すれば自由に引越しができます。 収入が少なくなったら家賃が安い物件に、収入がアップしたら家賃が高い物件に移り住めばよく、収入の変化に合わせて住み替えができるのも賃貸マンションの魅力でもあります。学生向け、女性向け、水商売の人向けなどタイプ別の賃貸物件もあり、快適な一人暮らしができます。